概要

 

今昔舞踊劇団「東京幻堂」。
「今昔物語」や「宇治拾遺物語」や各地の民話を、語りと踊りと音楽でお届けします。

 

<劇団概要>

東京幻堂とは?

敷居が高いと思われがちな日本の古典文学や伝統芸能を、

老若男女、幅広い層のお客様に楽しんで頂けるような、分かりやすく、

それでいて芸術性の高いエンターテイメント作品創りを目指し、

結成された舞踊劇団です。

 

 

作品作り

古事記に始まり、今昔物語集や、宇治拾遺物語、御伽草子、

さらに日本国中にある伝承伝説を掘り起こし、

伝統芸能の古典的な表現手法と、工夫を凝らした娯楽性の高い演出によって、

深い文学性、幅広い芸術性、そして日本独自のユーモアや道徳観、

精神性を含む「学びのエンターテイメント作品」として作品を創造します。

 

 

目的

作品を通して、古代〜中世日本人の創造的で斬新で豊かな感性、美意識、

哲学といった祖先の息吹をお客様へお伝えし、

本来、日本文化が持つ独創性やアイデンティティを再発見、

伝承してゆくことを劇団の基本コンセプトとしています。

 

 

 

 

<略歴>

        2003年    オフィスパラノイア舞踊劇公演(勉強会)として発足。

          同年 7月 下北沢「劇」小劇場にて第一回公演。

        2004年  6月 下北沢「劇」小劇場にて第二回公演、

        2005年  7月 下北沢「劇」小劇場にて第三回公演。

          同年10月 山梨県甲斐善光寺公演開始(以後、2018年で14回目)

        2008年  9月 靖国神社公演開始(2008年〜2015年)

        2010年  3月 アメリカ合衆国 ニューメキシコ州サンタフェにて

              SantaFeJIN Jpanese Cultural Festival 6 正式招聘 「Grand Samurai Performasce」

           ※団体名である「パラノイア」という言葉が、アメリカでは放送禁止用語に当たるため、

           「サトウノブユキと仲間たち」として紹介される。これを切掛けに、海外で通用する団体名を模索。

        2013年12月 オフィスパラノイアプロデュース舞踊劇団「東京幻堂」発足。

        2014年 4月 国際フォーラムAホールにて、国際眼科学会オープニングアクトとして舞踊披露。

        2016年 9月 すみだパークスタジオ 倉 、10月 甲斐善光寺 を定例公演として現在に至る。